トップ画面
日本医療情報学会
日本医療情報学会(JAMI)一般社団法人,日本医療情報学会,医療情報,医療,情報,学会,集会,研究会,シンポジウムお問い合わせ
Eメール
医療情報研究者や実務担当者の学術交流の場ですEnglish
満席になりましたので、申し込みの受付を終了させていただきました。
【NEW】「AI時代に向けた医療情報次世代標準化シンポジウム−SS-MIX2からHL7FHIRに向けて−」のご案内
日 時:2019年7月8日(月)13:30〜15:30
場 所:東京大学伊藤国際学術研究センター内「伊藤国際謝恩ホール」
AI時代に向けた医療情報次世代標準化シンポジウムのご案内
 −SS-MIX2からHL7FHIRに向けて−

主催:日本医療情報学会 NeXEHRS研究会
   (次世代健康医療記録システム共通プラットフォーム研究会)

共催:東京大学COI「自分で守る健康社会」健康医療情報ICT標準化チーム

日時:2019年7月8日(月)13:30〜15:30

場所:東京大学伊藤国際学術研究センター内「伊藤国際謝恩ホール」
   https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_33_j.html
   会場番号は「1」を入力してください。

プログラム:
 主催者挨拶 
     日本医療情報学会NeXEHRS研究会代表 大江和彦(東京大学)
 講演1 医療RWD共通プラットフォームに向けて−JAMIの方向性−
     日本医療情報学会代表理事  中島直樹(九州大学病院)
 講演2 医療情報標準の国際動向
     日本医療情報学会副代表理事  澤 智博(帝京大学)
 講演3 医療情報の標準化について(仮)
     厚生労働省大臣官房審議官  迫井 正深(予定)
 講演4 SS-MIXとHL7FHIR−それぞれの役割−
     日本HL7協会会長  木村通男(浜松医科大学)
 講演5 電子カルテの標準化−日本医師会からの期待−
     日本医師会常任理事  石川広己
 講演6 次世代健康医療記録システムのための共通プラットフォームの構築へ
     日本医療情報学会NeXEHRS研究会代表  大江和彦(東京大学)
 質疑応答

参加資格:なし(日本医療情報学会の会員でない方もご参加いただけます。)

参加費:無料

定員:360名(先着順)

医療情報技師資格更新ポイント:2ポイント
*医療情報技師資格更新ポイントをご希望の方は、認定証番号を入力してください。認定証番号を入力しない場合、ポイントは付与されません。なお、上級医療情報技師の認定証番号の「S」は省いて入力してください。

TOP
トップ画面
会員専用(マイページ)
日本医療情報学会とは
日本医療情報学会について
入会のご案内
退会と登録内容変更のご案内
医学・医療関係者の皆様へ
学術大会・行事等
「医療情報学」・論文集・資料等
日本医療情報学会賞
医療情報技師育成事業
看護部会のご案内
医療情報の標準化
個人情報に関する基本方針
事務局所在地
関連リンク集
サイトマップ